HOME > 冷え症

冷え症

治療方法

治療方法のイメージ
超短波治療がお勧めです!

80%の方が「冷え」の改善を実感しています!
冷え症の根本原因である自律神経に働きかけることにより冷えが改善します。
「冷え」は万病の元!
冷えが改善すると免疫力が上がり長年の慢性痛が改善することもあります。
女性の方には特におすすめです。「冷え」は美容、ダイエットの敵です。
当院は全国冷え症研究所認定春日部分室です。どうぞお気軽にご相談ください。

高周波トリートメント療法(ラジオ波)

Radio Stim 高周波トリートメント(ラジオ波)療法は体にやさしい温熱療法です。
ジュール熱により深部体温を3~5度上昇させます。冷えた組織を強力に温め新陳代謝を活性化します。

マッサージクリームをつけマッサージされながら深部を加温され非常に心地良いです。

冷えた箇所をスポットで温め、その熱は深部に浸透するため施術後もぽかぽか感が続きます。

当院使用の機器は、ソチオリンピック採用の最新機器です。
冷え性だけでなく疲労回復にも効果的です。

生活の中での改善

シャワーマッサージ
シャワーマッサージ

冷え症の人は自律神経の働きが弱まり、心拍数、呼吸、発汗、そして体表面の温度調節など、さまざまな機能のリズムが崩れています。

「シャワーマッサージ」というのは、熱いお湯と冷たい水で、足先の血管を取り巻く自律神経に刺激を与え、神経の機能を正常にし、本来のリズムを取り戻してもらおうという方法です。

「熱い」「冷たい」の刺激が自律神経を鍛え、血行を自動的に調節できるようにしてくれるのです。
足先をお湯で温めるだけでは、一時的には快適に感じられても、5分くらいで、また元に戻ってしまいます。自律神経の働きを甦らせる根本的な治療をしましょう。シャワーマッサージは、毎日、できれば1日に2回行なってください。1日のうち、いつでもかまいません。注意として足の指先のみに行なってください。他の部位に行なうと、効果的ではありません。

  1. 足の指先だけに、がまんできる限度の熱いシャワー(40~43℃くらい)を1分程度あてる。
    このとき、お湯が足の甲にあたらないように注意。
  2. つぎに、指先に冷水を5~10秒かける。洗面器に氷水を汲みおいて足先だけつけると便利。このときも、足の甲には水をあてないこと。
  3. 熱いシャワーを30秒程度あてる。
  4. 2と3を3~4回繰り返して、最後に温水で終わる。
  5. 指先が赤くなっているかどうかを確認。赤くなっていなければ、やり直し。
ショウガ味噌汁の作り方

ショウガ味噌汁の作り方はいたって簡単。
具はお好みのもの何でもかまいません。

ゴボウ、レンコン、人参など根菜類などを入れても良いでしょう。
味噌汁を椀に注ぎ、すりおろしたショウガ約10グラムを加えます。

ショウガ10グラムというのは、だいたい親指の先ほどの分量ですが、ショウガの風味が強すぎると感じられる方は半分くらいの量でもよいでしょう。

全国冷え症研究所

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら