HOME > はり・きゅう治療 > 腰痛・骨盤調整

腰痛・骨盤調整

腰痛・骨盤調整

腰痛の写真

腰痛には、ぎっくり腰(急性腰痛)・筋筋膜性腰痛・腰部椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・すべり症・分離症などありますが、最近の研究では原因がはっきりしている腰痛は全体の15%でしかありません。
85%の腰痛は原因不明の非特異性腰痛であるということが分かってきました。

そのため院長の私も経験したことですが、患者さんが痛いと訴えても検査では何も異常が発見されないということがしばしば起こってくることなのです。

当院の腰痛治療

腰痛の問診

当院では、腰部・骨盤の動き、腹部、問診などにより腰痛を多角的にとらえ、患者さんにあった治療法を選択し施術いたします。

はり・きゅう

はり・きゅうの写真

当院では腰痛に鍼灸をされる方が多いです。
鍼灸には鎮痛効果があり、ぎっくり腰から慢性的な腰痛まで鍼灸は効果的です。

また、「ツボ」とよばれる体の反応点を刺激することにより内部の働きが活性化されます。胃腸などの内臓の不調からおこる腰痛などにも鍼灸は有効です。

骨盤調整

骨盤調整の写真

骨盤周囲の筋肉のアンバランスを改善し骨盤本来の動きを取り戻します。
疲労や体の癖などにより体の歪みが骨盤の傾きになり動きを悪くしていきます。

我々の身体の各関節・靭帯・筋肉は個別に働いているのではなく、一つの連動装置として働いています。
それらを総称して「運動系」といい、「運動系」が正常に働いているかが健康に密接に関連しています。

「運動系」について

体の関節・筋肉は個別に働き動いているものではなく、一つの連動装置として働いています。
例えば昔の足首の捻挫の後遺症のため足首が硬くなり膝関節に痛みを起こしたり、胃腸の不調から腰の筋肉が硬くなり「ぎっくり腰」を起こしたりすることもあります。

「運動系」のアンバランスは、
第一段階では、ある部分の痛み、しびれ、鈍さなどの異常感覚を引き起こします。
第二段階では、膝を曲げると痛い、腰が前かがみになりにくいなどの機能的異常を引き起こしていきます。
第三段階では、変形性膝関節症、腰部脊柱管狭窄症などの器質的異常を引き起こします。

病院などで病名がつくのは異常が始まってからすでに時間が経っているもので、病名がつく前に治すこと、異常を異常と感じられる体をつくることが大切なのです。

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら