HOME > はり・きゅう治療 > 自立神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症イメージ

自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経であります。
交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをします。

人体ではおよそ12時間交代でこの二つの神経の優位が入れ替わるとされていますが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症となってしまいます。

症状

めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに脈が速くなる、血圧が激しく上下する、立ち眩みする、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多いです。

自律神経失調症には様々な症状があり、どの症状がどれだけ強いか弱いのかは患者それぞれであります。そのため患者によっては、その他の症状はあまり強く現れないにもかかわらず、ある特定の症状のみが強く表れる場合もあり、症状は実に多岐に亘ります。

原因

原因のイメージ

夜更かしをする事などによる自律神経の興奮、脳の疲労や、ストレスや更年期が原因のホルモンバランスの乱れ等が挙げられます。

半数が日常生活のストレスにその病理の原因があると言われています。

姿勢から見た自律神経失調症

整体による姿勢改善

自律神経失調・うつなどを訴える人の姿勢を見ますと猫背になり首が「く」の字になっていることが多いです。

猫背になると呼吸器が委縮し、本人の気が付かないうちに息が浅くなります。
呼吸が浅くなると寝ても疲れが取れない、深く眠れない等の睡眠障害の症状が出てきます。
また、猫背になり首が「く」の字のようになると脳への血流も悪くなります。

当院では主に呼吸器周りの筋肉・関節の硬直を緩め呼吸を楽にしていきます。呼吸と自律神経系は密接に関連しているのです。

当院の自律神経治療

はり・きゅう治療

自律神経失調症には、鍼灸、マッサージが有効です。
http://www.harikyu.or.jp/general/effect.html 日本鍼灸師会ホームページ

整体・骨盤調整

整体では臀部を見れば呼吸器が分かると言います。
実際にご自身の体で試されると実感されると思いますが、お尻を下げるように骨盤を下げると背中が丸くなり胸が委縮します。逆に、お尻を持ち上げるように骨盤を上げると胸が開き楽に呼吸できるようになります。このように骨盤と呼吸器は互いに関連しているのです。
当院では肩甲骨を緩めると同時に骨盤の動きを回復させ自然治癒力を活性化させていきます。

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら