高橋整骨院日記

2015年8月16日 日曜日

膝の外側の痛み、腸脛靭帯炎について

腸脛靭帯は太ももの外側を通る靭帯で、骨盤とスネの骨を繋いでいて膝の外側の安定性を保つ役割をしています。
この靭帯が膝の屈伸運動の繰り返しにより膝の外側で骨と擦れて炎症が起こるのが腸脛靭帯炎でO脚の方やマラソンランナーに多く、ランナー膝とも呼ばれています。
治療、予防には腸脛靭帯のもとになる太ももの外側の筋肉やお尻の筋肉を緩めることや、原因となるO脚の矯正などが挙げられます。
また、痛みが強いうちは膝を使う運動は避け安静を保つことが必要で、症状が軽度であればしばらく休養することで痛みが解消されるケースもあります。
使い過ぎが原因となる場合がほとんどなので、運動をする際はウォームアップやクールダウンのストレッチをしっかり取りましょう。

投稿者 高橋はりきゅう整骨院

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら