高橋整骨院日記

2015年7月 3日 金曜日

変形性股関節症

こんにちは。鈴木です。
皆さん梅雨のこの時期いかがお過ごしですか?今日は変形性股関節症について話していこうと思います。
変形性股関節症とは長年の使用や繰り返される負担やケガなどによって関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。また、生まれつき骨盤の形が小さかったり、病気や外傷によるものもあります。
主な症状は、関節の痛みと機能障害です。
股関節は鼠蹊部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。一方、日常生活では足の爪が切りにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式のトイレや正座が困難になります。また、長時間立ったり歩いたりすることが辛くなりますので台所仕事などの主婦労働に支障をしきたします。
治療法として痛み止め薬を使用することもありますが、調子の悪い時やどうしても負担をかけなければならない時に限定して使用することをオススメします。また、痛みがあると、どうしても歩かなくなり筋肉が衰えてしまうので、できれば水中歩行や水泳を週に2・3回行っていただくのが理想的です。他の方法もありますが、運動療法は疼痛を誘発してしまう可能性もあるので、慎重に始めて、徐々に強度を高めていくのがいいと思います。

投稿者 高橋はりきゅう整骨院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら