高橋整骨院日記

2015年6月10日 水曜日

腰部脊柱管狭窄症とは

こんにちは!スタッフの清水です!
今日は腰部脊柱管狭窄症について説明します

歩いていると足の痺れ、痛みにより歩けなくなり、
しゃがんだり座ったりして休息をとることでまた歩けるようになるが歩き始めてしばらくするとまた痺れや痛みが出てくる場合に脊柱管狭窄症が疑われます。

脊柱管狭窄症とは50代以降の男性に多く、背骨の中を走る神経の通り道(脊柱管)が狭くなることで神経が圧迫され、歩行時の足の痺れや痛みが起こる疾患です。
歩いている時は骨盤が前傾しやすく、背骨が後ろに反ってしまいます。
その結果脊柱管が余計に狭くなり症状が現れます。

痛みや痺れの原因である背骨が後ろに反るのを抑える方法として体幹の筋力トレーニングやストレッチがあります。
他にも、移動の時に歩くのではなく自転車に乗ることで背骨が反ることを抑えることができます。

投稿者 高橋はりきゅう整骨院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら