2012年7月28日 土曜日

哺乳類の体毛 免疫のスイッチ

マウスの実験で証明

 
  哺乳類の体毛は、外から入ってきた細菌やウイルスから身を守る「免疫」のスイッチを入れる役割を担っていることが、慶応大学医学部の永尾圭介講師と天谷雅行教授(皮膚科学)らによるマウスを使った実験で分かった。科学誌ネイチャー・イムノロジー電子版に発表した。
  研究チームは皮膚に貼ったテープをはがす方法で、マウスの毛に外部から刺激を与え、変化を調べた。その結果、刺激を与えた約1時間後から、毛を作る組織「毛嚢」の周りに白血球が集まり、毛嚢の中には、白血球を呼び寄せる免疫物質ができていた。

平成24年6月 読売新聞記事より
 


投稿者 高橋整骨院

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら