高橋整骨院日記

2012年2月15日 水曜日

のみ込む力 鍛えて防止

(2011年12月18日・日経)

年をとると、誰でものみ込む力が衰える。毎年、餅を詰まらせて窒息死する高齢者が後を絶たないのは、「嚥下機能」の低下を自覚しづらいためである。
高齢者に多い症状は「節食・嚥下障害」と呼ばれ、うまく食べ物がのみ込めなくなった時に表れる。
原因は大きく分けて「嚥下運動に関する筋肉や神経の障害」、「舌や食道などの嚥下組織の障害」、「認知症などの精神活動の障害」の3つに分けられる。
食べ物を上手にのみ込むには、まず目で見て認識し、口に取り込み、かみ砕いた後に適度な大きさにまとめ、のどに送り、のみ込み、食道まで運ばなければならない。この複雑な工程をこなすには、脳や筋肉、神経、組織の「連携プレー」が欠かせず、高齢者に多い3つの障害が妨げになるケースが多い。

以下は、のみ込む力の主なチェック項目である
(心当たりがあれば一度専門家に観てもらおう)。

・やせてきた
・食事中にむせる
・食べるのが遅くなった
・口から食べ物がこぼれる
・声がかすれてきた

自分で十分食事をとれる人は、食事の前に軽い運動で首周りの筋肉のこわばりをほぐすほか、体操でのみ込む力を維持するための筋力アップを始める。食物をのみ込むのに最も影響するのがあごの下から首にかけての「舌骨上筋群」。鍛えるには、あおむけに寝て首を起こしたり、おでこに手をあてて首を下に向けたりを繰り返してみよう。


投稿者 高橋はりきゅう整骨院

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら