高橋整骨院日記

2012年1月11日 水曜日

ヒートショック高齢者は注意を 温度差、3度以内が理想

(2011年11月20日・日経)


高齢者が冬、気をつけなければならないのが、急激な温度変化に伴って起きる体調不良の「ヒートショック」だ。
冬場の暖房の効いた部屋から出て、寒い脱衣所で服を脱ぐと、体温が一気に下がる。体温を調節するために血管が収縮し、血圧や脈拍が上がる。この際、特に血圧が高い高齢者だと、心筋梗塞や脳梗塞などを起こす危険が高まる。
このようなヒートショックを予防するためには部屋ごとの温度差を3度以内に収めるのが理想である。まずはトイレや洗面所、浴室に暖房設備を置く。浴室にはマットやスノコを敷き、入浴時の体温低下を防ぐ。湯の温度も42度以上ではリスクが高まるので、41度以下のぬるめを保つようにする。湯船につかる前には手や足など心臓から離れた部位から順番に湯をかけていき、体を徐々に温めていくと効果的である。


投稿者 高橋はりきゅう整骨院

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら