高橋整骨院日記

2011年8月25日 木曜日

身体の柔らかさ(1)

こんにちは。森です。
ブログには初参加となります。

タイトルにもありますが、みなさんのお身体は柔らかいですか?
僕はすごーく硬いです。床に手が着きません。たぶん整骨院イチ硬いと思います(笑)

身体(関節)が硬いと損だ!なんて思っている方も多いと思いますが実はメリットもあります。
関節が硬いとケガをしやすいというデメリットがありますが、一般的にケガが軽くて済むというメリットがあります。
逆に身体が柔らかい方はケガをしにくいというメリットがありますが、ケガをしてしまうと重症化しやすいというデメリットがあります。
これはあくまで「一般的に」なので時と場合によりますし、その人のライフスタイルなどにも影響されるものなので一概には言えませんが・・・。

なぜ身体が硬くなってしまうのでしょう?
身体の硬さには大きく分けると

1、筋肉の柔軟性
2、コラーゲン線維の柔軟性

の2つ原因があります。

では「1、筋肉の柔軟性」から見てみましょう。

筋肉は身体の関節をまたぐように付いています。筋肉を動かすと関節(骨)が動きます。
ですので筋肉が硬くなると関節が動きにくくなる→「身体が硬い!」となります。
この筋肉の動きに関してはイメージがしやすいかと思いますが、もう一つ重要な要素『筋肉の疲労』があります。
まず、筋肉が疲労すると細胞から代謝産物が出てきます。
この代謝産物、やっかいなことに周りの血管を縮めてしまい血流が悪くなります。また痛みの原因になったりもします。
血流が悪くなると血液がたまり、むくみ(浮腫)やすくなります。(むくみは2番のコラーゲンの柔軟性にも関係してきます)
血流が悪くなると代謝産物を処理してくれる肝臓へ運ぶのに時間がかかるようになり代謝産物が溜まりやすくなります。

これで疲労→血流悪い→むくみや痛み→疲労が取れない→代謝産物が溜まる→血流が悪い・・・・
となってしまい、悪循環が生まれます。

これではどうしようもありませんね・・・。
しかし、疲労を取り除き、血流を復活させれば解消されます。
ではどうすれば良いか・・・簡単な方法は
1、筋肉を温める
2、筋肉を揉みほぐす
3、筋肉をストレッチする

の3つが簡単にでき、疲労を取り除き、筋肉を柔らかく、血流を良くすることができます。

まずは「温める」
これはお風呂が1番簡単ですね。
整骨院では電気療法、赤外線治療器、マッサージ、鍼・灸がこれにあたります。

そして「揉みほぐす」
これは張っている、硬いなぁと思う筋肉を軽く擦る程度でも十分効果がありますので、強く揉まなくても大丈夫です。
痛みが出ない程度に揉みましょう。
整骨院ではマッサージ、電気療法になります。

最後の「ストレッチ」
ストレッチはやり方がポイントです。
まずは息をはきながらゆっくりと筋肉を伸ばし、筋肉が伸びているなぁ、または気持ちいいところまでゆっくりと伸ばします。
ここで20秒から30秒ほど呼吸をしながら我慢します。これを3回から5回繰り返すとしっかりストレッチされます。
硬い筋肉を意識して伸びていると感じることがポイントです。
ここで反動をつけたり、痛みがでてしまうほどギューギューやらないようにしてくださいね。
痛みが出たり反動をつけたりすると筋肉の反射で逆に縮まろうとしてしまいますので注意です。
また身体が温まっているときに行うと効果的なのでお風呂あがりや運動後がベストです。
整骨院でもストレッチもしています。1人よりも2人で行うと1人ではできないストレッチができますのでできればペアストレッチをオススメします。


これを書いていて身体が硬いのに自分でストレッチしてないなぁ、家で時間を作ってストレッチしようと思いました。
毎日頑張ってストレッチしていたら床に手が着くようになるかも・・・しれないので頑張って実行してみようと思います。
現在、床までの距離は15cmです。

長くなってしまったので2回に分けて次回は「2、コラーゲン線維の柔軟性」について書いてみようと思います。
 



投稿者 高橋はりきゅう整骨院

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

住所
埼玉県春日部市中央5-10-16
ハイツ春日部106
最寄駅
東部伊勢崎線
東部野田線 春日部駅
駐車場
院そばに8台分あり

ご質問等、お気軽にご相談ください。

営業時間:

AM9:00~12:00/PM 3:00~8:00
土曜日:AM9:00~12:00/PM 2:00~5:00
休診日:日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら